更年期障害

更年期障害は、卵巣の働きが衰え、女性ホルモンの分泌が急激に低下することで起こります。
多岐多様な不定愁訴(例えば、のぼせ、発汗、ホットフラッシュ、イライラ、うつ状態)を生ずる状態が更年期障害です。
生理不順となり、自律神経失調症や肥満、体脂肪の増加、膣粘膜に潤いがなくなり膣炎、膀胱炎などが起こりやすくなります。ストレスなど外部からの影響も受けやすくなるため心理的なサポートも必要となります。
最近では30〜40歳と若い世代の更年期障害(プレ更年期障害)も目立っております。不規則な生活に気を付け、また女性ホルモンの分泌バランスを整えることが大切です。
当院ではまず更年期症候群がご不安な方にホルモン検査を勧めています。ホルモン検査、婦人科がん検診の検査後、特に副作用などの問題が生じない場合は漢方薬、ホルモン補充療法による治療を行います。

漢方薬

当院では、漢方薬によりお一人お一人に合った体質改善を目指した治療を行っています。
比較的に副作用の少ない安心して使用可能なお薬です。症状に合った漢方薬を処方いたします。

ホルモン補充療法(HRT)

HRTとは、更年期症状や更年期障害の治療のために、閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬や張り薬として補充する療法です。
ただし、HRTをしながら煙草を吸っていると血栓ができやすくなると言われています。当院では、喫煙習慣のある方には漢方薬を勧めています。

また、当院ではエクエルの取り扱いも行なっております。ご希望の方は受付にお声かけ下さい。

エクエル

大豆イソフラボンを乳酸菌で発酵させた、世界初のエクオール含有食品。
1日あたり4粒でエクオール10mg(税込価格:¥4,320)


がん検診(予約不要)

子宮頸がん

若年者でも発症することがあり、近年増加傾向です。
定期的な検診による早期発見が大変重要で、がんになる前の状態を発見できる病気です。
ご自身の命はもちろん、将来の妊娠のためにも検診をお勧めします。

子宮頸がん予防ワクチンも実施しております。ご希望の方は受付にお声かけください。

子宮体がん

40代から急増します。不正出血が認められます。
不正出血等の症状や超音波検査で子宮内膜の肥厚を認める場合には、子宮体がん検診もお勧めしています。

当院では富士宮市、南部町の方のがん検診も随時予約なしにて行っております。直接ご来院ください。

 富士宮市のがん検診(5月〜2月) 南部町のがん検診(7月〜12月)
頸部のみ ¥1,020 頸部のみ ¥800
頸部 + 体部 ¥1,230 頸部 + 体部 ¥1,500

この他、市外の方も予約なしにてがん検診を行っております。

卵巣がん

卵巣は少々腫れていても全く症状が出ないことが多いため「沈黙の臓器」と言われます。卵巣腫瘍も子宮がんと同じく、早期の発見と治療が非常に重要です。
ご自身の卵巣の健康のためにも、定期的な検診をお勧めいたします。
当院では超音波検査の他に、血液検査にて腫瘍マーカーを検査します。


子宮・卵巣の病気

年齢や症状によって治療の選択も様々です。気になる症状がある方はご相談ください。薬物療法はもちろんのこと、高次施設における手術が必要と判断した場合には、責任を持って紹介させていただきます。

子宮筋腫

子宮筋腫は良性の腫瘍で子宮の筋肉にできます。
腫瘍の大きさはさまざまで、その数も一つとは限らず、いくつかできることがあります。原因は解明されていませんが、女性ホルモンが関与しているのではないかと考えられています。
症状としては、月経困難症や過多月経でみられる多くの出血量による貧血、下腹部の痛みや張りなどが出ることもありますが、無症状の場合もあります。

子宮内膜症

子宮内膜とは、子宮の内腔を覆っている組織を言います。
この子宮内腔のみ存在すると言われている子宮内膜や子宮内膜様の組織が、何かしらの原因で、子宮内膜以外の場所で増殖してしまい、月経のたびに出血を繰り返すのが子宮内膜症です。不妊症の原因ともなります。
※当院では保険にてフリウエルLD/ULDの処方も行っております。

卵巣嚢腫

卵巣嚢腫の多くは良性で、液体や脂肪がたまっている軟らかい腫瘍です。
主な症状として、腹部膨満感や腰痛などが起こります。
それほど大きくない場合には、定期的に検査をして経過観察します。


生理についてのお悩み

生理不順

ストレスや体調不良などで生理不順に陥ることがあります。長い間生理がこないと将来の妊娠に影響することがありますので注意が必要です。
また、卵巣の機能が衰えている場合には、若い女性でも更年期障害のような症状が起こり、全身機能の老化が進みやすくなります。女性の健康は、月経が周期的に訪れてこそ正調に保たれるのです。

生理痛・月経困難症

月経痛(生理痛)が強く、日常生活に支障をきたす場合を月経困難症といいます。
腹痛や腰痛がひどいため鎮痛剤が必要であるとか、仕事ができないような場合は月経困難症といってよいでしょう。月経困難症の症状や、月経痛を軽くするためのアドバイスなどをご説明しています。

月経前症候群(PMS)

月経前になると「イライラする」「気分が沈んでしまう」「からだの具合が悪くなる」というような症状は、女性の約80%の方が経験していると言われています。
このような排卵から月経開始までの時期に現れる身体的・精神的な症状を総じて月経前症候群(PMS)といいます。症状は人によって様々です。

上記以外のことでも生理に関しての悩みがあればぜひご相談ください。当院では初経を迎えたお子様から高校生くらいまでの思春期のお子様へのご相談も承っております。


おりもの・かゆみ

細菌性腟炎

ガルドネレラ菌、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの細菌が膣内に繁殖した状態を細菌性膣炎と言います。
治療は、膣内にフラジールなどの抗生物質の膣錠をいれます。外陰部にもかゆみなどの症状があるときは炎症どめの軟膏などを塗ります。

カンジダ膣炎

外陰部や膣にカンジダ(カビの一種)が感染し、異常に増殖して炎症を起こすことをカンジダ膣炎といいます。
強いかゆみを感じ、カッテージチーズのような白いおりものが増えます。
治療として膣内を洗浄した後、膣錠をいれることで数日で症状は改善いたします。かゆみなどの症状があるときは軟膏などを塗ります。

トリコモナス膣炎

トリコモナスという原虫によっておこる膣炎です。泡状の悪臭の強い黄色のおりものの増加と、外陰部・膣の刺激感、強いかゆみをおこします。
治療は飲み薬にておこないます。

萎縮性膣炎

女性ホルモン(エストロゲン)が低下したのが原因で起こります。膣や外陰部が萎縮し、乾燥しやすくなるため炎症が起こりやすくなり、かゆみや痛みを感じるようになります。
治療としてはエストロゲンを含有した膣錠を使用します。

外陰部バルトリン腺炎、バルトリン嚢腫、バルトリン膿瘍

このような外陰部のできものは婦人科外来でよくみられる病気です。
気になる症状がありましたらご相談ください。


性感染症

性感染症を予防と治療することは大事です。当院では採血から培養まで検査を行っております。

クラミジア感染症

女性がかかる性感染症の中では最も頻度が高いものです。
男性も女性も自覚症状が少ないことが特徴です。このため女性の場合は子宮や卵巣まで炎症が広がり、不妊の原因となることがあります。
自覚症状としてはおりものの増加、頻尿や排尿痛、性交後の性器出血などがあります。進行すると腹痛を伴うこともあります。

淋菌感染症

クラミジア感染症に並んで頻度の高い性感染症です。
女性は自覚症状が非常に少ないため気づきにくいのが特徴です。
感染を放置したまま症状が進むと淋菌が子宮から卵管まで広がり、激しい下腹部痛と発熱が起こり、子宮外妊娠や不妊症の原因となることもあります。

性器ヘルペス感染症

自覚症状としては性器に生ずる水疱や鼠径部のリンパ節の腫れなどがあげられます。
一度感染すると脊髄神経節にウイルスが潜み、ストレスや風邪などで抵抗力が落ちたときに再発することがあります。
妊娠中にこの病気が発症すると、出産時に産道で子供に感染する恐れがあります。

尖圭コンジローマ

ヒトパピローマウイルスの感染によるもので、女性は膣や外陰部、子宮頸部に薄茶色や灰色のイボができます。再発しやすいので徹底的に治すことが大切です。

梅毒

梅毒トレポネーマに感染により起こる感染症です。
感染から2〜3週間後に固いしこりができ、2〜3カ月後には体全体に発疹などの皮膚症状が現れます。
早期に治療を開始すれば完治しますが、進行すると脳の神経が侵されることもあります。

エイズ

ヒト免疫不全ウイルスの感染によりおこる感染症です。
感染してからエイズを発症するまでの潜伏期間が6カ月~10年以上と長いのが特徴で、発症すると人間に必要な免疫力が著しく低下し、健康な体ではほとんど害のない細菌やウイルスの感染、悪性疾患などにより死に至ることもあります。


子宮脱・性器脱

子宮の位置が正常よりも下方に偏移したもので、子宮の一部または全部が膣の入り口より外に出た状態を子宮脱といいます。
骨盤底の支持組織がゆるんで、子宮を支えられなくなる状態です。子宮は前方の膀胱、後方の直腸と靭帯でつながっているため、子宮だけではなく膀胱、直腸が下がって膣から脱出する場合もあります。
子宮が下がった感覚、下腹部不快感などがあり、排便時や起立、歩行時などに膣の入り口にかたまりが顔をだしている、触れるといった症状が出ます。 

手術をしない治療法

ペッサリー


リング状の膣内ペッサリー挿入により、子宮の脱出を防止します。膣内に異物を入れるので、時間が経つにつれ、リング周囲に炎症が起き、おりものや出血が増える原因にもなります。
そのため、リングペッサリーを入れた方は1年に一度ペッサリー交換を行います。

手術療法

症状によっては手術療法の対象になることもあります。手術が必要と判断した場合には、責任を持って高次施設を紹介いたします。


膀胱炎

泌尿器科というと、特に女性の場合、受診しにくいといったイメージをお持ちの方も多いと思います。
当院では膀胱炎の初期症状がある方のご相談も承っております。お気軽にご相談ください。


妊娠確認

当院では、随時妊娠確認・予定日が決まるまでの胎児の発育確認を行っております。予定日が決まったら母子手帳交付届出書をお渡しし、ご希望の産院へのご紹介いたします。
また、ご希望の産院までのご紹介の間、ご希望があれば悪阻の点滴治療も行なっております。

当院での分娩取り扱いは行っておりませんのでご了承ください。


不妊症

当院では、体外受精・人工授精などの高度生殖補助医療などは行っておりませんが、タイミング指導などの不妊治療は受けることができます。
ご自分なりにタイミングを合わせているにもかかわらず、なかなか妊娠しない場合にはまずご相談ください。

当院で行える検査

  • 基礎体温によるタイミング療法
  • ホルモン検査(血液検査)
  • AMH(卵巣機能の指標になります 保険適用外 自費検査:¥10,800)
  • 卵管通水検査
  • 精液検査
  • クラミジア抗原検査
  • 甲状腺機能検査 
  • 風疹抗体検査
エレビット
 

当院では妊娠前からとっておくことが必要な葉酸を含むマルチサプリメント、『エレビット』の取り扱いも行なっております。(税込価格:¥4,500)


人工妊娠中絶

日本では、母体保護法という法律に基づいて、母体の身体的理由や経済的理由によってのみ、人工的に妊娠を中絶することが認められています。
様々な事情によって、妊娠の継続が困難な方もいらっしゃることと思います。やむを得ず、妊娠を諦めなければならないとお悩みの方はご相談ください。
手術後は、望まない妊娠を避けるために皆様のライフスタイルにあった避妊方法を一緒に考えていきましょう。
詳しくはお電話にてお問合せください。


ブライダルチェック(予約不要)

ブライダルチェックとは、婚約・結婚を機に、今後の結婚生活や妊娠・出産に支障をきたすような異常がないかどうかを調べる健康診断のことを言います。
ご自身の健康はもちろんですが、ご夫婦間の感染や母子感染、また胎児の障害を予防する意味からも、ぜひ受けておきたい検査です。最近ではカップルで受診される方も増えています。
予約なしで随時受け付けしています。
*女性の方は生理日をはずしたお日にちに来院してください
*男性の方はいつでもかまいません

Aコース(15分程度)

  女性 男性
料金(税込み) ¥16,200 ¥12,960
問診
内診(超音波検査)
梅毒検査
HBS抗体検査
HCV抗体検査
HIV抗体検査


Bコース(15分程度)

  女性のみ
料金(税込み) ¥21,600
問診
内診(超音波検査)
梅毒検査
HBS抗体検査
HCV抗体検査
HIV抗体検査
クラミジア抗原検査
淋菌検査


オプション(10分程度)

  女性 男性
風しん抗体検査 ¥2,700 ¥2,700
カンジダ・トリコモナス検査 ¥3,780
AMH(卵巣機能の指標) ¥10,800


ビタミン注射

スタンプカードでスタンプを8個集めるごとに、どれでも1回無料で受けることができます。
所要時間は10分程度。1〜2週間に1回受けると、より効果的です。
(当院のスタッフも受けています)

ビタミン注射 初回1本 ¥2,000、2回目以降より ¥1,500
にんにく注射 初回1本 ¥2,000、2回目以降より ¥1,500
美肌注射 初回1本 ¥2,500、2回目以降より ¥2,000


ビタミン注射

コラーゲン合成や動脈硬化予防、免疫増強などの効果があり、風邪予防や美容に有効とされています。

にんにく注射

疲労回復の効果が期待できます! 肩こり、ストレスの緩和にも効果があります!

美肌注射

より効果を求めたい方にオススメです。L-システイン配合!


ピル外来

低用量ピルには避妊だけでなく、月経痛や子宮内膜症の治療、月経前症状や更年期症状の緩和にも使われています。
当院では安心して服用できるよう詳しく説明し、半年に1回、血液検査・体重測定をしております。
1回につき3シートまで処方可能です。かかりつけの患者様であればお電話での問い合わせも対応しております。

取り扱いのあるピル

  • マーベロン
  • アンジュ
  • シンフェーズ
  • トリキュラー

性交後避妊(アフターピル)

事後72時間以内に緊急避妊薬を服用すれば、望まぬ妊娠を回避できる可能性が高くなります(100%妊娠を防げるものではありません)。

月経の移動

旅行やイベント等で月経を遅らせたいなどもご相談ください。
移動したい月経の前の月経が開始して5日目くらいまでの受診をお勧めしています。

その他、子宮内避妊器具の取り扱いも行なっております。


予防接種

  対象年齢
 季節性インフルエンザワクチン 13歳以上
MRワクチン(風疹・麻疹) 20歳以上
子宮頸がんワクチン 中学1年生以上
肺炎球菌ワクチン 65歳以上

予防接種は 完全予約制となっております。ご希望の方はお電話にてご予約ください。
金額等は受付にてお問合せください。


 
富士山のイラスト

診療時間

診療時間
午前 9:00〜12:00
午後 14:00〜17:00

◎ 金曜日は18:00までの診療となります。
△ 土曜日は15:00まで続けての診療となります。

休診日:日曜・祝日・水曜午後・土曜15時以降

富士山のイラスト

お知らせ

2019/06/25

【夏季休診のお知らせ】

8月11日(日)~8月15日(木)をお休みとさせていただきます。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2019/05/09

【富士宮市の子宮がん検診が始まりました】

5月より富士宮市の子宮がん検診が始まっています。昨年度受けていない方は受けることができますので、ぜひこの機会に受けてみてください。詳しくはお問い合わせください。

2019/04/12

【臨時休診のお知らせ】

4月26日(金)午前と、5月28日(火)午後を休診とさせていただきます。また、5月22日(水)は11:00までとなります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

2019/04/08

【臨時休診のお知らせ】

都合により、4月10日(水)と、4月11日(木)午前の診察を休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2019/04/05

【GWの休診について】

4月28日(日)〜5月6日(月)は休診となります。よろしくお願いいたします。

2019/04/01

浅間大社の桜もそろそろ見頃になってくる今日この頃、板東レディースクリニックは婦人科専門のクリニックとしてリニューアルしました。これまでお世話になってきた皆さまのおかげで、地域に愛される病院を目指して、日夜診療を行ってきました。産科はなくなりましたが、婦人科専門の病院として、さらに信頼される病院を目標に頑張って参りますので、これからもよろしくお願いいたします。

2019/03/12

4月からの婦人科の準備のため、3月25日(月)から3月30日(土)までの間を休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

2019/03/07

育児相談・おっぱい外来の終了について

育児相談は3月14日(木)、おっぱい外来は3月18日(月)で終了となります。乳腺炎のトラブルについては随時対応いたしますのでご相談ください。

2019/03/04

産科18年間の感謝の気持ちを込めて、3月24日(日)10:00からフリーマーケットを開催します!詳しくはこちら

2019/03/01

4月1日より診療時間が変更となります。詳しくはこちら

2019/03/01

板東レディースクリニックのウェブサイトをリニューアルいたしました。

インターネット予約はこちら
インターネット予約はこちら
富士山のイラスト

アクセスマップ

  • 東名高速道路 富士ICより西富士有料道路を抜け、信号を右折。車で20分。
  • 身延線富士根駅よりタクシーで10分。
  • 新幹線新富士駅よりタクシーで30分。
  • 大型駐車場完備(28台)
板東レディースクリニックに電話する
ページの先頭へ戻る